Webマーケティング会社による初学者のためのオウンドメディアサイト

Facebook広告のメリット・デメリットを徹底解説!初心者向けの基礎知識

費用対効果が高いことで知られるFacebook広告。
日本国内のアクティブユーザーは約2800万人といわれ、さらに年々増え続けています。

今回は、Facebook広告のメリット・デメリットについて簡単にご紹介します。
これから運用を検討される方、最近Facebook広告を始めた方もぜひ参考にしてみてくださいね。

Facebook広告とは

Facebookを利用したことがあれば、ニュースフィードなどにサービスや商品の広告を見かけたことがあると思います。

PCの表示例

Facebook広告表示例1

スマホの表示例

Facebook広告表示例2

よく見る赤枠で囲ってある部分ですね。

ここに、毎回Facebookを開くたびに、あなたが興味のあるサービスや商品の広告が表示されてはいませんか?
実はこの多くが個人や中小企業が出稿する「Facebook広告」なのです。

Facebookは、他のTwitterやLineなどのSNSと比較して、よりフォーマルな使われ方をしている特徴があります。
現実社会の交友関係など、ビジネス利用も含めたユーザーが他のSNSに比べて圧倒的に多いです。

この意識の高い多数のユーザーに向けて、経歴や年齢、最近の動向などからターゲットをしっかり絞って広告を出せるのがFacebook広告です。

Facebook広告のメリット

他のインターネット広告に比べて、Facebook広告を利用するメリットは以下の4つになります。

低額から始められる

Facebook広告は、クリック課金型やインプレッション課金型など予算や目的に合わせて様々な課金方式から広告の出稿が行えます。

中でも初心者にオススメなのが「クリック課金型」です。
クリック課金型は、いくら表示されてもクリックされない限りは費用が発生しません。

しかも予算は「100円」から出稿が可能です。
他のインターネット広告と比較しても非常に少額から配信ができ、中小規模のビジネスとも相性は抜群といえるでしょう。

正確なターゲティングができる

Facebook広告が費用対効果の高い広告と言われているのは、少額配信のみでなく「正確なターゲティング」ができることにもあります。

ユーザーが実際に登録した個人情報に沿って広告が配信できるため、性別や年齢はもちろん、地域や関心のあることまで、広告を表示させたい相手のみにリーチすることが可能です。

例えば非常に細かく条件を設定したとしても、国内2800万人というユーザーの多さがしっかりカバーしてくれるので、優良顧客のみに絞って費用対効果の高い広告が出せるわけです。

修正・変更が即座に反映される

広告の修正や変更は、いつでもリアルタイムに反映させることができます。
期間を定めてセールやキャンペーン広告の配信を行ったり、画像やテキストを差し替えてのABテストも簡単です。

また、ターゲットが行動を起こしやすい時間帯のみゲリラ的に狙うなど、より費用対効果を高めることも可能です。

出稿の停止・開始が簡単に行える

成果が悪いと判断した広告も、すぐに配信停止ができるので初心者にも安心といえるでしょう。

はじめのうちは成果を感じられなくても、ターゲットにマッチした広告を理解していくことで、Facebook広告のスキルも身についていきます。

まずは少額でもよいので試してみることが肝心です。
ある程度コツをつかんだら横展開していき、費用に見合った成果も出せるようになるはずです。

Facebook広告のデメリット

もちろんFacebook広告にもデメリットがありますので、デメリットはちゃんと理解した上での運用が必要になります。

”Facebookユーザー”にしかリーチできない

当然ですが、Facebook広告はFacebookを利用するユーザーにしか見てもらえません。

オーディエンスネットワークという、Facebookが提携する多数のメディアにも出稿できる機能はありますが、基本はFacebookのみの配信となります。

また、Googleなどの検索広告と違い、Facebookユーザーは商品やサービスの購入目的でアクセスする人ばかりではありません。
十分な見込み客層のリサーチはもちろん、広告出稿と結果検証の繰り返しによって、費用対効果を高めていく工夫が必要です。

パフォーマンスの持続時間が短い

Facebook広告では、一度高い成果を上げた広告も長続きしにくいケースがあります。

他のインターネット広告と比較して、SNS特有のユーザーの飽きの早さという傾向があるためです。
画像やテキストなど広告素材の見直しを常に試行錯誤していく必要があります。

仕様変更が多い

Facebookは、より使いやすさを求めて仕様変更や新機能の追加が頻繁に行なわれています。
これまでのケースだと管理画面の仕様や用語の変更も頻繁にありました。

今後も使い慣れたものが突然ガラッと変わってしまい、戸惑うことも多いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Facebook広告は、アカウント作成から出稿までも非常に簡単で、何より費用が安く始められるのが嬉しいポイントです。

まずは試してみる価値は十分にあると思いますよ。

WEB広告イメージ
最新情報をチェックしよう!
>若手Webマーケターのためのサイト「リステン」

若手Webマーケターのためのサイト「リステン」

リステンでは初心者にも使えるよう、シンプルでわかりやすいツールを紹介します。もし、使用してほしいツールや紹介してほしいツールがございましたら、お気軽にお問い合わせください!