Webマーケティング会社による初学者のためのオウンドメディアサイト

Googleアクセス解析で最初に覚えるべき分析ポイント

アクセス解析で重要なポイントは?

Googleアナリティクスを導入しているけど、活用できていないという話をよく聞きます。
Webマーケティングの成果は分析・改善により大きく向上できますが、
分析には覚えることが多く操作方法も複雑なので、慣れていない人にはハードルが高く全く分析ができなくなる状況に陥りやすいです。

この記事ではGoogleアナリティクスを初めて使う人でも最低限の操作でWebサイトの状況が把握できるようにまとめました。
分析後には売り上げアップにつながる改善施策を立案・実施していきましょう。
また改善施策の効果もしっかりと分析して長期的にPDCAが回るような体制にしていきましょう。

Webサイトの目的/目標値を確認

Webサイトの目的とその目標値を確認しましょう。
多くの場合は資料請求やお問い合わせの獲得、ECでの販売、販売地点への送客が設定されているはずです。

これらの目的地点をコンバージョンと呼びます。
アクセス解析での分析のポイントはゴール(=コンバージョン)から逆算して考えることです。
コンバージョン数はWebサイトに訪問したユーザの数と目標の成約率(コンバージョン率)で決まります。

Googleアナリティクスでは下記の項目で見ることができます。

  • コンバージョン数の分析⇒コンバージョン項目
  • Webサイトに訪問したユーザ数の分析⇒集客項目
  • 目標の成約率(コンバージョン率)⇒集客項目

コンバージョン項目、集客項目の2つのレポートを見るだけでもWebサイトの主要なパフォーマンスを掴むことができます。
この2つのレポートから使いこなせるようになりましょう。

コンバージョン項目

Webサイトで設定している目標の達成件数(コンバージョン数)の分析をする項目です。
Googleアナリティクス上のサイドメニューの下記の項目でデータを見ることができます。

  • コンバージョン⇒目標⇒概要

なおこの項目は事前に管理画面から目標を設定していないとデータが取れません。
目標設定は分析に重要な項目なので必ず設定しておきましょう。

コンバージョンの項目では下記のデータをチェックしてみましょう。

時系列ごとのコンバージョン推移

Googleアナリティクスでは計測対象期間を変えることができます。
初期値は1週間になっています。
長期的な変化を見たい場合は右上にある日付が記載されている項目をクリックするとカレンダーが出てきて、分析期間を延ばすことができます。

コンバージョン数が上がっている期間と下がっている期間を比べて、その前後で起きていたことを照らし合わせましょう。
Webサイトの改善、広告出稿、新商品の発表やイベント出展などのアクション以外にも季節変動によってもコンバージョン数は変化するでしょう。
年間を通じて季節変動がどのように起きているのかも把握しておくとよいでしょう。

目標ごとのコンバージョン推移

Googleアナリティクスで複数の目標を登録している場合は目標ごとに分析することができます。
初期値は全目標まとめたレポートになっています。
左上にある「目標オプション:すべての目標」という項目をクリックすると目標を切り替えることができます。

目標ごとに大きく傾向が変わることもあるため、全目標をまとめたレポートでは正確な分析はできません。
正確に分析するためには目標ごとに切り分けて分析しましょう。

デバイスごとのコンバージョン推移

近年スマートフォンのアクセスが非常に伸びていますが、スマートフォンとパソコンによるアクセスでは傾向が大きく変わります。

Googleアナリティクスではスマートフォンとパソコンによるアクセスを切り分けて分析することができます。
初期値は全デバイスをまとめたレポートになっています。

上部にある「すべてのユーザ」の隣にある「セグメントの追加」という項目をクリックするとデバイス毎の分析ができるようになります。
スマートフォンのデータは「モバイル トラフィック」、「パソコンではタブレットとPCのトラフィック」という項目にチェックをつけましょう。

チェックした項目が同時に表示されるのでデバイス毎の分析ができるようになります。

集客項目

Webサイトに訪問したユーザ数や訪問経路、訪問経路ごとの成約率を分析できる項目です。
Googleアナリティクス上のサイドメニューの下記の項目でデータを見ることができます。

  • 集客⇒すべてのトラフィック⇒参照元/メディア

なおこの項目に関しても事前に管理画面から目標を設定していないと経路ごとの成約率に関するデータが取れません。
繰り返しになりますが目標設定は分析に重要な項目なので必ず設定しておきましょう。

集客の項目では下記のデータをチェックしてみましょう。
こちらの項目でも同様に期間やデバイス毎の分析ができます。

集客数

Webサイトに何人訪問しているか確認することができます。
訪問者のカウント方法によって項目が分かれているので解説します。

  • 新規ユーザ・・・対象のWebサイトに初めて訪問したユーザ数です。過去に訪問したユーザはカウントされません。
  • ユーザ・・・対象のWebサイトに訪問したユーザ数です。同じ人が何度訪問しても1とカウントされます。
  • セッション・・・対象のWebサイトに訪問したユーザごとの回数の合計です。同じユーザが時間を空けて3回訪れたとすると3とカウントされます。

Googleアナリティクスの成約率などの指標はセッションで計算されています。
どの指標を使えばよいか迷う場合はセッションを見るとよいでしょう。

集客経路

Webサイトに何人訪問しているかに加えてどこから訪問しているのか調べることができます。
グラフの下に表示されている表に各流入経路ごとの数字が表示されています。

目標の達成率(コンバージョン率)と達成件数(目標の完了数)を流入経路ごとに見ることができます。
流入経路ごとに差がある場合はその要因を分析して見てください。

達成率が高い流入経路はもっと訪問者数が増やせないか考えてみましょう。
達成率が低い流入経路はコンテンツを修正して達成率(コンバージョン率)を改善できないか考えてみましょう。

目標

Googleアナリティクスで複数の目標を登録している場合は集客の分析でも目標ごとの分析を行えます。
初期値は全目標まとめたレポートになっています。
グラフの下にある表の右上にある「コンバージョン:すべての目標という項目」をクリックすると目標を切り替えることができます。

目標ごとに集客経路と各目標ごとの達成率(コンバージョン率)と達成件数(目標の完了数)を分析できるので詳細な分析が可能になります。

まとめ

Googleアナリティクスは機能が多く使いこなすには時間がかかります。
コンバージョンと集客の項目から使いこなせるようになりましょう。
慣れてきたら、徐々にGoogleアナリティクスで使える項目を増やしていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>若手Webマーケターのためのサイト「リステン」

若手Webマーケターのためのサイト「リステン」

リステンでは初心者にも使えるよう、シンプルでわかりやすいツールを紹介します。もし、使用してほしいツールや紹介してほしいツールがございましたら、お気軽にお問い合わせください!