Webマーケティング会社による初学者のためのオウンドメディアサイト

アフィリエイト広告とは?広告主向けのアフィリエイトの説明

アフィリエイト広告とは

アフィリエイトとは、提携したアフィリエイターのサイトやブログで商品・サービスを紹介してもらい、そのサイトやブログを介して商品・サービスが成果(購入や資料請求など)を上げたときに広告費(アフィリエイト報酬)を支払う、という成果報酬型広告のことです。

ポイントサイトでもアフィリエイト広告を行っていますが、ここではアフィリエイターによるアフィリエイト広告について説明します。

アフィリエイト広告の表示される場所

アフィリエイト広告は、アフィリエイターがアフィリエイト案件商品を載せるために作った紹介サイトやブログ、いわゆるアフィリエイトサイト(ブログ)内に表示されます。
例えば、検索エンジンで「育毛剤」と検索すると、「育毛剤ランキング」や「おすすめ育毛剤」などのサイトが多く表示されますが、これらがアフィリエイトサイトです。そして、これらのサイトの中でランキングやおすすめ一覧で紹介されている商品が、アフィリエイト広告です。

アフィリエイトサイトの役割

アフィリエイターはSEO対策を施してアフィリエイトサイトを上位表示させ、より多くのユーザーに訪問してもらえるよう努めます。
SEO以外にも広告等様々な方法で集客しているアフィリエイターもいます。

集客した見込み客に、アフィリエイトサイト内の文章や画像で、広告商品の魅力を伝え、訪問者の興味関心を引き、購買意欲を高めます。
そこから、広告主のサイト・LP(商品やサービスを購入させることに特化したページ)へのリンクが貼ってあるバナーやテキスト(「商品の購入はこちら」等のボタンなど)をクリックするよう促します。

このように、アフィリエイトサイト役割は、より多くのユーザーをLPや広告主のサイトに送り込むことが役割です。
その先、見込み客のユーザが広告主のサイト・LP上で申し込みを行います。どのアフィリエイターの送客したユーザの申し込みによるものかはシステムで計測しています。

アフィリエイトサイトの効果

アフィリエイターがユーザーを広告主のサイト・LPやに集めてくれるので、広告主はSEO対策などの集客を任せることが出来ます。
通常に訪問するユーザよりもアフィリエイトサイト経由のユーザは関心が高まっているので、一般的に成約率(コンバージョンレート)はかなり高くなります。
また、成果報酬型なので発生した売上に応じた費用を支払えばよく、費用対効果が高いと言えます。

アフィリエイト広告の仕組み

これからアフィリエイトの仕組みを詳しく解説していきますが、まずはその前知識として、広告主、アフィリエイター、ASPについて説明します。

ASP、広告主、アフィリエイターの関係

ASP

アフィリエイト・サービス・プロバイダ(代理店と呼ばれることもあります)は、広告主とアフィリエイターの仲介役を担い、成果の計測システムを提供しています。
A8.netやアクセストレード、レントラックスなどが有名です。
ASPと契約するには初期費用・月額費用・成果に応じた手数料がかかります。(初期費用・月額費用が無料のASPもあります。)
自社のみで行う場合は計測システムを構築して、独自にアフィリエイターを獲得できれば、ASPと契約しなくてもアフィリエイト広告が始められます。

広告主

商品やサービスを売るために広告を出す企業のことです。広告主は自社の商品やサービスをアフィリエイターに紹介してもらうためにASPと契約します。

アフィリエイター

アフィリエイト広告を載せるためのアフィリエイトサイトやブログを作成し、運営している人のことです。媒体、メディアと呼ばれることもあります。アフィリエイターはASPに登録し、自サイトやブログに合うアフィリエイト案件と提携します。
アフィリエイターは有名なブロガー、個人事業主、メディアを運営している企業など様々です。

アフィリエイトの流れ

ASPに依頼する一般的なパターンで説明します。

  1. 広告主がASPと契約し、同時に報酬条件の決定や広告素材、送客先のサイトを用意します。
  2. ASPは登録しているアフィリエイターに広告主の商品を掲載してほしいと依頼します。
  3. アフィリエイターは条件等を鑑みて、ブログ等に掲載したいと判断したらその広告主と提携します。
  4. 広告をアフィリエイトサイトに載せ、見込み客を集客します。
  5. ユーザーがアフィリエイターのサイトやブログを介して商品を購入すれは成果発生となります。
  6. あらかじめ定めた完了条件(ユーザーの支払いや資料請求先が確認できること)が完了すれば成果確定となります。
  7. 定期的にASPから広告主に成果に応じた報酬が請求されます。ASPはアフィリエイターに報酬を支払います。
  8. ASPがアフィリエイターに報酬を支払います。

アフィリエイト報酬の種類

成果報酬型

商品が購入されたり、サービスが申し込まれた時点で報酬が発生するアフィリエイトのことです。
一般的に最も多く取られる報酬形態です。

クリック課金型

ユーザーが広告のリンクが貼ってあるバナーやテキストをクリックすれば報酬が発生するアフィリエイトのことです。
購入などの成果が計測しずらいような広告商品に適しています。

特別単価

通常より高いアフィリエイト報酬単価のことです。
例えば、育毛剤業者が「育毛剤ランキング」というキーワードで上位表示しているアフィリエイトサイトのランキング1位に、自社製品を載せてほしい場合などに特別単価を設定します。
大きな成果を出せるアフィリエイターは限られているため、特別単価をうまく使って提携する必要があります。

テーブル型報酬

例えば、アフィリエイトの成果発生が1か月に100件までであれば単価が1,000円、101件目からは1,100円、201件目からは1,200円…という風に発生が増えるごとに単価も上がる、というシステムをテーブル型報酬といいます。
このテーブル型報酬であれば、アフィリエイターのより多く発生させようというモチベーションが上がりやすくなります。

まとめ

アフィリエイト広告の効果としては、アフィリエイトサイトでも集客してもらえるので集客力がより高まる、成果報酬型なので費用対効果が高い等が挙げられます。
自社でのリスティング広告やSEO対策に加えて、アフィリエイト広告もうまく使うことでより大きな売り上げが見込めるでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>若手Webマーケターのためのサイト「リステン」

若手Webマーケターのためのサイト「リステン」

リステンでは初心者にも使えるよう、シンプルでわかりやすいツールを紹介します。もし、使用してほしいツールや紹介してほしいツールがございましたら、お気軽にお問い合わせください!