Webマーケティング会社による初学者のためのオウンドメディアサイト

アクセス解析を初めて導入するときの設定項目一覧

アクセス解析の導入

Googleアナリティクスは無料で使える高機能なアクセス解析ツールです。

Webサイトの分析には欠かせないツールですが、導入後に初期設定が出来ていない場合、重要な情報を得ることが出来ません。
また初期設定をしていなかった過去の期間のデータは後で取得することはできないので、出来るだけ早く設定を済ませておきましょう。

この記事ではGoogleアナリティクスを初めて導入する人でも最低限の設定すべき項目をまとめましたので導入時にチェックしてください。
すでにアクセス解析を導入している場合も設定漏れがないか確認してみてください。

コンバージョン設定

Googleアナリティクスの設定をする前にWebサイトの目的を確認しましょう。
多くの場合は資料請求やお問い合わせの獲得、ECでの販売、販売地点への送客が目的として設定されているはずです。

Webサイトの目的を達成することをコンバージョンと呼び、その完了地点をコンバージョンポイントと呼びます。
例えば、販売したいサービスの資料請求を目的とする場合、コンバージョンはお問い合わせフォームの完了です。
コンバージョンポイントはお問い合わせフォーム完了のURLになります。

Googleアナリティクスではコンバージョンを設定することでコンバージョンにまつわる分析が出来るようになります。
コンバージョン設定は非常に重要な設定なので必ず設定しましょう。

サイドメニューの”管理(歯車アイコン)”⇒ビューの項目の”目標”から設定できます。
コンバージョンポイントのURLを設定しておきましょう。

中間コンバージョン設定(マイクロコンバージョン設定)

Googleアナリティクスは複数のコンバージョンを設定できます。
最終的なコンバージョンの途中段階にある中間ポイントも目標として設定することでより詳しい分析が可能になります。
この中間コンバージョンのことをマイクロコンバージョンと呼びます。

販売したいサービスの資料請求をコンバージョンとする場合、下記のステップをたどるはずです。
お問い合わせフォーム入力画面⇒確認画面⇒完了画面

完了画面以外の入力画面、確認画面のURLもコンバージョンとして設定しましょう。
こうすることで商品の説明ページから完了までの各ステップの分析が可能になります。
ECサイトの場合は購入完了までの中間地点であるカートインや会員登録などを中間コンバージョンとして設定するとよいでしょう。

サイドメニューの”管理(歯車アイコン)”⇒ビューの項目の”目標”から続けて設定できます。

EC設定

ECサイトの場合、EC用のコンバージョン設定ができます。
この設定を有効にしておくとGoogleアナリティクス上で売れた商品名、価格などの決済情報が分析できるようになります。

ECカートがGoogleアナリティクスのEコマーストラッキングに対応している必要があります。
カートが対応している場合Googleアナリティクス上での設定は非常に簡単なので設定しておきましょう。

サイドメニューの”管理(歯車アイコン)”⇒ビューの項目の”eコマースの設定”から設定できます。

クロスドメイン設定

サブドメイン含む複数のドメインにまたがるWebサイトをGoogleアナリティクスで計測をする場合、クロスドメイン設定と呼ばれるドメインをまたぐ設定が必要になります。

お問い合わせフォームやECカートなどが別のドメインで運用されているケースは比較的多いのでURLをチェックしてみて下さい。

クロスドメイン設定が出来ていないとドメインをまたぐ自サイト内のページ遷移も外部のサイトからの訪問としてカウントされてしまい分析に支障をきたしてしまいます。

クロスドメイン設定はタグマネージャ経由でGoogleアナリティクスを導入しているケースと直接HTMLにアナリティクスタグを設定しているケースで設定方法が変わります。
またGoogleアナリティクスで古いバージョンのタグを使用している場合も設定方法が異なります。
どのようにGoogleアナリティクスを導入している確認して、設定方法はGoogleアナリティクスのヘルプを参照しましょう。
参考:https://support.google.com/analytics/answer/1034342?hl=ja

ツール連携

GoogleアナリティクスではGoogleの提供する下記のツールと連携することが出来ます。
より詳しい分析が可能になるので連携の設定しておきましょう。

サーチコンソール

サーチコンソールはWebサイトをGoogleの検索システムに登録することのできるツールです。
サーチコンソールのデータとGoogleアナリティクスのデータを連携して分析が出来ます。

サイドメニューの”管理(歯車アイコン)”⇒プロパティの項目の”プロパティ設定”⇒下段の”Search Consoleを調整”から設定できます。

Google広告(旧Adwards)

Google広告(旧Adwards)は広告を出稿・管理するツールです。
同じくGoogleアナリティクスのデータを連携して分析が出来ます。
広告を出稿する予定のある場合は、Google広告(旧Adwards)のアカウントを作って連携しておきましょう。

サイドメニューの”管理(歯車アイコン)”⇒プロパティの項目の”Google 広告のリンク”から設定できます。

AdSense連携

AdSenseはWebサイト内に広告を配信・管理するツールです。
Google広告(旧Adwards)はお金を払って広告を出すツールでAdSenseは広告を自サイトに貼ってお金を得るツールです。
AdSenseもGoogleアナリティクスのデータを連携して分析が出来ます。
WebメディアなどでAdSenseを利用している場合は設定しましょう。

サイドメニューの”管理(歯車アイコン)”⇒プロパティの項目の”AdSense リンクの設定”から設定できます。

除外アクセスの設定

余分なアクセスを集計から除外することが出来ます。
例えば、自社内のアクセス等まで入れてしまうと分析する際に傾向が大きく変わってしまいます。
*アクセス規模が大きく、自社内のアクセスの比率が低い場合は問題ありません。

自社のIPアドレスが固定化されているなら除外しておきましょう。

サイドメニューの”管理(歯車アイコン)”⇒アカウントの項目の”すべてのフィルタ”⇒”フィルタを追加”から設定できます。

ボットアクセス除外設定

ボットと呼ばれる機械的なアクセスを除外する設定項目がGoogleアナリティクスにあります。
機械のアクセスまで分析していると分析結果が狂うので除外しておきましょう。

サイドメニューの”管理(歯車アイコン)”⇒ビューの項目の”ビューの設定”⇒”既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外します”にチェックを入れます。

通貨/タイムゾーン設定

Googleアナリティクスの初期設定では通貨やタイムゾーン設定が日本のものになっていません。
日本用に変えておきましょう。
*海外で運用しているWebサイトなら現地通貨やタイムゾーンの設定を設定しましょう。

下記で設定できます。
サイドメニューの”管理(歯車アイコン)”⇒ビューの項目の”ビューの設定”⇒”通貨”
サイドメニューの”管理(歯車アイコン)”⇒ビューの項目の”ビューの設定”⇒”タイムゾーンの国や地域”

まとめ

Googleアナリティクスの設定を最初にしておきましょう。
上記以外にも分析が便利になる高度な設定が多くあり、しっかりした分析体制を構築したい場合はぜひご相談ください。

最新情報をチェックしよう!
>若手Webマーケターのためのサイト「リステン」

若手Webマーケターのためのサイト「リステン」

リステンでは初心者にも使えるよう、シンプルでわかりやすいツールを紹介します。もし、使用してほしいツールや紹介してほしいツールがございましたら、お気軽にお問い合わせください!